[シミ予備軍のハイドロキノンの効果] 顔全体に塗ってシミを予防する!

 

 

「顔に目立つシミができちゃって、もっとシミが出てくるんじゃない・・・?」
「まだシミは出てきてないけど、紫外線ダメージで一気にシミが出てくるかも?」

 

こんな不安を抱えている女性にも、顔全体に塗れるハイドロキノンクリームがオススメです。肌に低刺激だけど、高い効果のあるハイドロキノンを試してみましょう。

 

 

[ハイドロキノンでシミ予備軍対策] 顔全体に塗れば予防もばっちり

 

ハイドロキノンはメラニン細胞の働きを抑える

 

シミがひとつでも表に出てくれば、肌の奥にはまだ多くの「シミ予備軍」が控えています。それが肌の表面に出て来させないためには、メラニン細胞の働きを抑える必要があります。ハイドロキノンはそんなメラニン細胞の働きの「チロシナーゼ活性を抑える」ことで、過剰にメラニンが作られるのを防ぐ働きを持っているんです。

 

皮膚のあらゆるところに存在しているのがメラニン細胞です。メラニン細胞はメラニンを作りだす場所なのですが、顔の皮膚表面が紫外線などのダメージを受けると、メラニンを多く産生します。それが皮膚の表面に出てくるとシミになってしまいます。

 

紫外線ダメージは顔全体の広範囲に残っている

 

紫外線のダメージは、顔全体の広い範囲に残っています。太陽からの紫外線の当たり方や、皮膚に存在するメラニン細胞の働きの違いで、シミが出てきやすい箇所が人によって違います。

 

シミが主に出てきやすい場所が、目の横や目の下や頬(ほほ)などですが、顔の皮膚が薄く、さらに出っ張っている部分がシミができやすい箇所です。紫外線ダメージは小さいころからのものが少しずつ蓄積されます。肌の生まれ変わり(ターンオーバー)の期間が鈍くなってくる20代以降になると、その影響が表に出てきてしまうんです。

 

これ以上、シミの原因を増やしたくない人は、紫外線ダメージを少しでも遅らせることのできるハイドロキノンの活用が効果的です。

 

シミ予備軍はどこに出てくるか分からないのが難点

 

シミ予備軍の問題として、顔の部分のどこに出てくるか予測がしにくいのが難点です。そのため、顔全体にも使えるハイドロキノンでのケアをオススメしています。人によって紫外線ダメージを受けている顔の部分は異なります。例えば、通勤などで車の運転を長い距離

 

ハイドロキノンならシミ予備軍にも今あるシミもケアできる

 

ハイドロキノンは今あるシミを薄くする、なくす効果を期待できる夢の成分です。ハイドロキノンはシミのメラニン色素も還元する効果があるんです。濃くなってきたシミ治療などでも使われる成分なので、出来てしまったシミとシミ予備軍を毎日の肌のお手入れでケアしたい人にもぴったりです。

 

美白効果の高い成分のビタミンCよりも高いメラニン抑制効果

 

美白効果の高い成分として、一番知られているのが「ビタミンC」です。ビタミンCを用いた化粧水やローション、さらにはサプリなども意識して摂っている女性も多いです。身近な栄養素なので、安心感があるのも人気の理由のひとつです。

 

ハイドロキノンは、そんな人気のビタミンCよりも100倍近い高い美白効果があることで知られています。そのため、少量の使用でもビタミンC以上の効果を感じることができるんですね。すでにシミが目立ち始めている女性は、ビタミンCよりもハイドロキノンクリームでのスキンケアを検討してみてはいかがでしょうか。

 

[シミ予備軍を抑制] 顔全体に塗るハイドロキノンの注意点

 

シミ予備軍の抑制に、顔全体に塗るためのハイドロキノンを選ぶ必要がありますが、どのハイドロキノン製品でもいいという訳ではありません。それについて以下で解説しています。

 

【最重要】濃度が低いハイドロキノン化粧品を選ぶ

 

ハイドロキノンは、濃度が高すぎると肌に副作用が出てしまう可能性があります。特に、インターネットが発達しているので、5%や10%などの高い濃度のハイドロキノンも手に入れやすくなりました。しかし、それらを使ってしまうのは危険です。

 

シミ予備軍のケアのために、ハイドロキノンを顔全体に塗るのではあれば、濃度は2%までのものにとどめておいてください。それだけでも十分に効果が見込めます。

 

ハイドロキノンはすぐに顔全体に使わない

 

ハイドロキノンは顔全体にすぐに塗るのは止めておきましょう。一度、顔の一部分などに塗ってみて、1日経過を見てください。それで肌荒れや赤みなどの副作用が見られなければ、顔全体に塗ってもOKです。ただし、上で書いた通り濃度の低いものを使うというのが大前提です。

 

[顔全体用のハイドロキノン] シミ予備軍ケアに最適なクリーム

 

ビーグレンのハイドロキノンはシミ予備軍ケアにピッタリ

 

ビーグレンのハイドロキノン,顔全体

 

ビーグレンのホワイトクリームは、ハイドロキノンが1.9%の濃度で配合されています。顔全体用に塗る用として、低刺激。伸びもよく使い心地が優れているのも特徴的です。

 

肌にしっかり浸透するよう作られているハイドロキノンなので、低刺激なのに今あるシミ、これから出てくる可能性のあるシミ予備軍、両方の美白ケアをすることができます。

 

自分の肌に合うか合わないかチェックできるお試しセットもありますから、まずはそちらから試してみるのをオススメします。

 

ビーグレンのお試しセットはこちらから⇒

 

 

[顔全体に塗るハイドロキノンクリーム] シミ予備軍ケアでの使い方

 

すでに顔のシミがある人:シミが大きくならないようにケア

 

すでに顔にシミがある人は、そのシミが大きくならないようにする意味でもハイドロキノンクリームを活用するのは大切です。もちろん、使い続けていればシミを薄くしたり、大きくするのを防ぐことができます。

 

また、シミが出てきたということは、顔の他の皮膚も紫外線の影響を絶対に受けています。効果の高い美白クリームでケアを続けていないと、どんどんとシミが出てきてしまう恐れがあります。

 

まだ顔にシミがない人のシミ予備軍ケア

 

「顔にシミがまだ出てきていないから、ハイドロキノンでのケアはまだいいでしょ?」

 

シミが表に出てきていなくても、気付いたらシミが急に出てきて増えてしまうのはあっという間です。もし以下のようなことに心当たりがあるなら、ハイドロキノンでのケアを少しずつ始めるのを検討してください。

 

長時間外にいることが多かった部活をしていた

 

長い時間外にいることが多かった人は、それだけ紫外線の影響を受けています。陸上やテニス、水泳などは女性でも部活をしていた人は多いでしょう。そのころから日焼け止めをしっかりしていれば紫外線の影響を軽減できていたはずですが、それでもシミ発生の原因にはなっています。

 

年齢が30代に近くなってくるにつれて、シミなどが目立ってくる可能性があります。

 

夏は海!冬はゲレンデでよく遊んでいた

 

部活だけでなく、日差しの強い時期に外でよく遊んでいた人も紫外線の影響は無視できません。海などはその最たるものですね。直接太陽の光を浴びなくても、砂浜からの照り返しで紫外線の影響は受けています。

 

また、冬の時期はスキーやスノーボードをするために、ゲレンデに出かけていた女性も多いのではないでしょうか。雪山でも、太陽の光、反射の光などで紫外線からのダメージを受けています。日焼け止めを疎かにしていた記憶がある人は、シミが今なくてもハイドロキノンでのケアを始めた方がいいです。

 

週に2〜3回のハイドロキノンを塗るだけでも美白効果はある

 

「シミがないけど、ハイドロキノンのケアは毎日すべき?」

 

ハイドロキノンでの美白ケアは毎日顔に塗らなくても効果はあります。シミがない状態なら、週に2〜3回の少ない回数でもいいので、少しずつケアをしてみるのがオススメです。

 

美白効果が薄い成分でのシミ予防策は、「効いている実感がない。」という弱点がありますが、ハイドロキノンは肌をクリアにする効果もあるので、継続するのにも適している成分ですよ^^

 

顔全体にシミ予備軍の根本:メラニンが増加する原因

 

アルコールの飲み過ぎで肝臓が疲労

 

肝臓を元気にするためにまず注意したいのは、アルコールなどを飲み過ぎないことです。アルコールを飲んだら飲んだ分だけ、肝臓に負担がかかってしまいます。生活習慣の中でお酒を結構飲んでるな・・・と自覚している人は、その量を減らすように努めましょう。

 

体の中でも、肝臓はアルコールを分解したり脂肪を分解したり、そのままだと有毒な成分を無害化などの働きを担っている大事な器官です。肝臓が疲れてその働きが弱まってくると、黒色メラニンを抑えてくれる働きをする成分が作られなくなってしまいます。

 

そうなると、シミのできるスピードが速まってしまい、すでにあるシミの色が濃くなったり大きくなったりすることに繋がります。

 

紫外線は完全に防ぐことができない

 

紫外線は日焼け止めクリームなどを塗っても、完璧に防げている訳ではありません。シミケアの場合は、紫外線をカットする目安としてSPF値を参考にするのがいいのですが、SPFが最大値(現在)の50の日焼け止めクリームを塗ったとしても、5%程度はダメージを受けています。

 

そのため、紫外線の強い日は日焼け止めを塗っていようと極力外に出ないのが大切です。シンプルですが、少しの積み重ねで黒色メラニンの増加を食い止めることができます。数か月後、数年後の顔の肌にシミが出てくるか出てこないか?その結果が変わってきますよ。

 

顔全体に黒色メラニンを増やさない生活習慣

 

顔全体に紫外線や生活習慣の乱れなどの影響で、シミが出てくるのを防ぐ、なるべく遅らせるには外からのケア以外にも方法があります。食生活の改善がすぐにできる対策のひとつでしょう。

 

野菜・果物のビタミン類でメラニン増加を予防

 

ビタミン類は、肌のターンオーバーや黒色メラニンの増加を抑制する作用がある栄養素です。

 

ビタミンCのメラニン生成抑制

 

特に、ビタミンCはメラニンの生成抑制や黒くなろうとするメラニンを無色化するような働きを持つ栄養素です。おなじみですが、野菜や果物類を積極的に摂るようにすればメラニンの増加を抑えることができます。

 

反対に、野菜類を摂ることがなかなか難しいという女性は、サプリメントや医薬品などの飲み薬を毎日取るのがいいでしょう。天然の素材から摂るよりも効果は劣りますが、美白対策にはなります。

 

 

これらの体の中からの美白対策をすることで、外から塗るハイドロキノンの効果も感じやすくなります。出来てしまったシミは少しでも早く減らし、シミ予備軍を表に出さないように心がけていきましょう。

 

 

おすすめのハイドロキノンクリームはこちら⇒