ハイドロキノン・顔全体用の副作用と注意点

 

副作用なく安全にハイドロキノンを顔全体用に塗る方法

 

高い濃度のハイドロキノンは顔全体用に選ばない[4%以上の濃度はダメ]

 

市販されていものや、ネットで簡単に手に入れることのできる海外輸入の医薬品ハイドロキノンは、濃度が高いことが多いです。

 

「濃度が高い=効き目が高い」のは間違いないんですが、その分副作用も強く出てしまいがちです。

 

顔全体用に塗る場合には、高濃度のハイドロキノンは向いていません。シミなどの局所的な部分に塗る程度にとどめておくのが賢明です。

 

安全で副作用が少ないハイドロキノンの濃度

 

ハイドロキノンの副作用が少ない濃度は、2%程度までのものです。4%や5%、10%などのハイドロキノンも、ネットや皮膚科受診などで手に入れることができますが、顔全体に塗ると皮膚の弱い部分から副作用が起きてしまいます。

 

浸透するハイドロキノンは副作用が少ない

 

肌の中に素早く浸透していくタイプのハイドロキノンは、肌にも低刺激です。これは、ハイドロキノンが酸素に弱いという性質を持っているからです。

 

肌に浸透すれば外の空気の影響を受けないので、ハイドロキノンのまま肌の中で有効に作用することができます。

 

もともとハイドロキノンは肌内部に浸透しやすい成分ではあるんですが、ハイドロキノン製品によっては浸透が悪く刺激してしまうような粗悪品もあります。

 

安定性の高いハイドロキノンを使う

 

ハイドロキノンは、美白効果が高い反面、安定性がないという弱点がありました。最近ではハイドロキノンの安定性を高めて、シミケアなどに簡単に使えるようになっていますが、選ぶハイドロキノンによっては壊れてしまいやすいタイプのものがあります。

 

安易にハイドロキノンに手を出さずに、安定性を高めているような設計になっているものを使うのが大切です。不安定なハイドロキノンだからといって、すぐに副作用が出るわけではないのですが、肌の上に長時間のった状態で空気に触れていると、ハイドロキノンが刺激物質に変わり肌に副作用をもたらします。

 

ハイドロキノンはいきなり顔全体用に塗らない

 

初めてハイドロキノンを使う場合には、いきなり顔全体用として塗らないことが大切です。上の3つのポイントをクリアしているタイプのハイドロキノンであってもそれは同じです。なぜなら、人にはアレルギー反応というものがあるので、自分の肌に合っているかどうかは実際のところ塗ってみないと分かりません。

 

「私は皮膚が強いから肌荒れなんてしないでしょ。」こんな風に思いこんで、ハイドロキノンに限らず、初めての薬やスキンケアアイテムを使ってしまうのは安全な使い方とはいえませんね。

 

[アレルギー反応の事前チェック]ハイドロキノンはトライアルのあるものを

 

アレルギー反応を確認する意味でも、ハイドロキノンを使う場合は前もってチェックできるようなものを選ぶことですね。特に、化粧品などでスキンケア用に作られているものは、トライアルセットが用意されていることがあります。

 

薬なども同じで、いきなり顔に塗る前に腕などにまずは塗ってみて何も変化がないことをチェックしてみてください。

 

濃度の高いハイドロキノンは副作用が強く出る可能性

 

ハイドロキノンの副作用1.赤み

 

ハイドロキノンの副作用で、軽度なものとして赤みが出るということがあります。一時的なものであれば問題ないのですが、塗ったことで赤みが1日続くようであれば肌に合っていない、あるいはアレルギー反応である可能性があります。

 

一時的な赤みは好転反応のひとつ

 

ハイドロキノンを塗って数時間赤くなるのは、好転反応のひとつでもあります。好転反応は初期の頃に見られる状態なので、使っているうちに赤みがでなくなります。

 

ハイドロキノンの副作用2.かゆみ

 

ハイドロキノンを塗ることで、皮膚が刺激されピリピリとしたかゆみが出てしまうことがあります。その場合には、塗った箇所を決してこすったり掻いたりしないようにしてください。かゆみが一時的なものであれば問題ないですが、毎回塗る度にかゆみを伴う場合には、肌に合っていない可能性が高いので使うのをストップしてください。

 

ハイドロキノンの副作用3.白斑

 

高い濃度のハイドロキノンを使っていると、稀に白斑を発症する人もいるようです。特に10%などの高濃度のものです。

 

ハイドロキノンの副作用が出やすい顔の部位

 

顔全体用として使えるハイドロキノンでも、顔の中で副作用が起こりやすい部分があります。基本的に、皮膚が薄い部分は弱い部分なので、下のような部位にはハイドロキノンは使わないようにしてください。

 

まぶた

 

まぶたのシミやくすみなどを美白する目的で、ハイドロキノンを使う人がいますが、副作用が出てしまう人が多いです。まぶたは顔の周りの皮膚と比べて薄い部分なので、副作用を起こしやすい部位です。

 

 

唇は皮膚膜が顔の中でも特に薄い部位なので、ハイドロキノンを使うのはおすすめできません。シミやくすみなどをキレイにして、キレイなピンクにしたい人も多いと思いますが、逆に荒れなどを起こして結果的に悪化してしまう可能性があります。リップクリームなどで保湿しても、刺激自体は無くならないので使うのは止めておきましょう。

 

個人輸入のハイドロキノンやジェネリック漂白クリームは副作用が怖い

 

海外の医薬品や化粧品、健康食品などを輸入にあたって、厚生労働省から下記のような注意喚起がされています。

 

ハイドロキノンについても、効果の高そうな高濃度の医薬品などを手に入れることが出来てしまいますが、副作用の面からもオススメできません。その理由について触れています。

 

医薬品、医療機器等の個人輸入は、危険性と必要性をよく考えて

 

日本国内で正規に流通している医薬品、化粧品や医療機器などは、医薬品医療機器等法に基づいて品質、有効性及び安全性の確認がなされていますが、個人輸入される外国製品にそのような保証はありません。
個人輸入される医薬品等の品質、有効性及び安全性(以下「品質等」という。)については、我が国の医薬品医療機器等法に基づく確認がなされていません。
国によっては、医薬品等の品質等について、我が国と同じレベルでの確認が行われていないことがあります。
品質等の確認が行われていない医薬品等は、期待する効果が得られなかったり、人体に有害な物質が含まれている場合があります。
いわゆる健康食品、ダイエット食品等として販売されている製品についても、医薬品成分が含まれていて、健康被害を引き起こすことがあります。また、美容機器等と称して、あたかも医薬品医療機器等法の医療機器に該当しないかのように販売されている製品であっても、人の身体の構造若しくは機能に影響を及ぼし、健康被害を引き起こすことがあります。
不衛生な場所や方法で製造されたものかもしれません。
虚偽又は誇大な効能・効果、安全性などを標ぼうして販売等されている場合があります。
正規のメーカー品を偽った、偽造製品かもしれません。
個人輸入される医薬品等は、効能・効果、用法・用量、使用上の注意等が外国語で記載されているため、一般に、記載内容を正確に理解することが困難です。
記載内容を正確に理解できたとしても、規制当局により認められていない効能・効果、用法・用量等が記載されていることがあります。また、その製品の使用によって起こり得る望ましくない作用(副作用)や成分・分量などが、きちんと記載されていないこともあります。

 

 

参考 医薬品等を海外から購入しようとされる方へ
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/kojinyunyu/index.html

 

ハイドロキノンの以外の成分が何か分からない

 

個人輸入のハイドロキノンは、ハイドロキノン以外にも肌を刺激するような成分が入っている可能性があります。表示を見ても、英名で記載されているので、自分にとって肌に合わない成分が入っているのが確認しにくいです。

 

例えば、アルコールなどでアレルギー反応を起こしてしまう人は、アルコール入りの薬や化粧品を使わないですよね?海外の医薬品だとそれに気づかずに使ってしまうリスクが高いです。

 

輸入代行サイトをチェックしても全成分が記載されていないことが多い

 

海外の輸入代行サイトを見ても、使ってみたいと思ったハイドロキノン医薬品の全成分が載っていないことが多いです。そのため、自分の肌に合わない成分が入ったものを間違って購入してしまうことがあります。特に敏感肌の女性などで、刺激になってしまう成分が多い場合は、海外の薬を安易に購入しない方がいいです。

記載されていることが英文なので意味が分からない

 

輸入品の記載内容は、ハイドロキノンなどの医薬品だけに関わらず、食品などでも英文で書かれていることがほとんどです。日本語で表示がされている場合もありますが、大切な文章が英語であったりすることがあります。

 

アレルギーなどが気になって注意書きを読んでも、意味を取り違えてしまい間違えて使ってしまう人などもいます。

 

 

個人輸入のハイドロキノンは重篤な症状に対する保証がない

 

個人輸入のハイドロキノンを使う場合に、注意したいのが何か皮膚に刺激が合って大きな副作用が起きても、保証をしてくれる会社がありません。輸入代行サイトは、あくまでも海外で認可されている医薬品を、購入できるサイトにすぎません。中身に問題がない場合は、すべて自己責任での使用になってしまうんです。

 

美白ケアを急ぐあまり、成分が強すぎる、肌に合わないものを無理に使って、取り返しのつかないような肌の状態になってしまう人も増えています。

 

顔全体のトレチノイン・ハイドロキノン併用は副作用が強い

 

ハイドロキノンの美白効果を早めるために、トレチノインという成分が入った薬を併用する方法が知られています。しかし、顔全体に塗るのには適していません。高い濃度のハイドロキノンと同じくトレチノインは強力な薬なので副作用が出やすいという弱点があるからです。

 

ハイドロキノン、トレチノイン療法は、シミなどのごく狭い箇所に塗り込む程度にとどめておきましょう。それでも肌に赤みが出たり、皮剥けやアレルギー反応が起こってしまう確率が高く、またダウンタイムなどの期間が必要などの問題点も多くある方法です。

 

トレチノインの副作用は怖い!顔全体用に使った人たちの口コミ

 

シミをなくしたいけど、トレチノインで肌がぼろぼろになった

ビーグレン,顔全体用

nagaさん 35歳/女性
肌質:普通肌
使用した化粧品:ユークロマ・トレチノイン

 

ハイドロキノンのユークロマ4%と、トレチノインを併用しました。顔全体のシミを少しでも早くなくしたい思いからです。最初の使用から刺激を感じていたんですが、あまりアレルギーなどを起こしたことはないので大丈夫だろうと思い使用を続けたのが良くなかったようです。

 

顔全体が皮むけを起こし、赤い斑点なども部位によっては出てしまうようになりました。皮膚科を受診すると、「何か強い薬剤を塗り過ぎたせい」という指摘をされました。こうなると、保湿などを続けて自然と顔の状態が元に戻るのを待つしかないようです・・・。

 

ハイドロキノン単体で使うならまだしも、トレチノインをいきなり顔全体に塗ってしまうのはリスクが高いので本当に止めた方がいいと、身を持って実感しました。