ハイドロキノンのオススメ美白化粧品【シミ・ニキビ跡に効果】

 

ハイドロキノン,顔全体

 

ハイドロキノンクリームは、数多くある美白成分の中でも高い力を持っている優れた成分です。

 

ハイドロキノンは、シミや色素沈着のケアや色白肌になれたりと美白したい女性にとって多くのメリットがあります。

 

ここでは安全に美白ケアに使える、おすすめのハイドロキノンクリームを紹介しています。

 

 

おすすめのハイドロキノンクリームはこちら⇒

 

 

ハイドロキノンはシミ・ニキビ跡に高い効果

 

ハイドロキノン顔全体用

 

ハイドロキノンはとても効果の高い美白成分ですが、刺激が強いという情報を見て不安になっている女性も多いのではないでしょうか。

 

確かにハイドロキノン医薬品や、化粧品の中には、刺激が強くてシミ・ニキビ跡のケアには使いにくいものがあります。

 

しかし、ここでオススメしているハイドロキノンクリームは、低刺激なので美白ケアもばっちり。

 

さらに、効果も高いという優れたハイドロキノンなので、一度使ってみる価値はあります。

 

ハイドロキノン美白とその選び方 3つのポイント

 

顔全体ハイドロキノン

 

低刺激なハイドロキノン

 

顔全体に使う場合には一番に気を使いたいポイントです。

 

ハイドロキノンは刺激が強いというイメージが強い成分です。それは確かですが、肌に刺激を少なくするように考えて作られたアイテムも増えています。

 

ですので、顔全体に使用するハイドロキノンは、低濃度で刺激が少ないものを選びましょう。

 

「刺激が少ない=低濃度のハイドロキノン」なので、海外の医薬品などの高い濃度のハイドロキノンには手を出さないのが正解です。

 

低い濃度とはいっても、美白効果はバッチリです。現在では、ハイドロキノン本来の効果を発揮できるように作られているハイドロキノンがあります。

 

浸透しやすいハイドロキノン

 

ハイドロキノン自体は肌に浸透しやすいという特徴がある成分です。

 

しかし、ハイドロキノンが肌にしっかり浸透せずに残ってしまうと酸化してしまいます。

 

そうなると、別の成分になってしまい人によっては肌に刺激を感じてしまうこともあります。

 

ハイドロキノンがスピーディーに肌の角質層内部に浸透する作りになっているクリームを選ぶのが大切です。

 

ハイドロキノンの浸透で高い美白効果が出る

 

ハイドロキノンが肌奥に浸透することで、高い効果を得ることができます。さらに、ハイドロキノンの濃度が低いものでも美白効果が実感しやすいです。

 

副作用がないけど効果が出るという「いいとこ取り」をすることができます。肌への浸透度はそのくらい重要なカギを握っています。

 

スキンケア用のハイドロキノンを選ぶ

 

ハイドロキノン顔全体用

 

ハイドロキノンを顔全体に塗るのなら、スキンケア用に調整されているものを選ぶのがポイントです。外用薬として作られているハイドロキノンは、軟膏タイプであることも多く、顔全体に使うのには不向きです。

 

化粧水や保湿クリームなどとの相性も良くないことがあるので、その使用感の悪さから続けるのが難しくなってしまいます。毎日のスキンケアに簡単に取り入れられて、さらに効果のあるハイドロキノンを選ぶのはとても大切です。

 

 

 

おすすめのハイドロキノンクリームはこちら⇒

 

ハイドロキノン ビーグレンがイチオシの理由

 

ビーグレン顔全体のハイドロキノン

 

ビーグレン独自の技術QuSomeでハイドロキノンが肌に浸透

 

ビーグレンのハイドロキノンクリームは、QuSomeというカプセル化技術で、ハイドロキノンを包み込みます。極小のそのカプセルは、肌奥にしっかり浸透して、肌が黒く見えてしまう「メラニン」の働きを抑制。さらにメラニン色素を還元する働きのあるハイドロキノンなので、効果的に作用することができるんです。

 

多くの美白化粧品が今現在販売されていますが、そのほとんどがメラニンにまで達することが難しいあるいは、達していません。

 

そのため、効果のある成分は配合されていても、肌が白くなったのを実感できません。

 

「美白ケアにいいと思っていたのに、いつまでたっても効果が感じられないんだけど・・・。」

 

今までで何となく美白化粧品を選んでいた人は、こんな思いで後悔したことがありませんか?

 

浸透力の高いビーグレンのハイドロキノンで、今度は美白を成功させましょう!

 

ハイドロキノンが低濃度だから刺激なく顔全体に使える

 

「ハイドロキノンは刺激とかの副作用が心配。」

 

ハイドロキノンで美白をしようと思っても、躊躇してしまう理由の多くが刺激や副作用です。しかし、ビーグレンのハイドロキノンは、顔全体でのスキンケアもできるよう低い濃度になっています。1.9%と、医薬品などと比較すると低いのですが、美白効果がないわけではありません。

 

むしろ、4%、5%、10%などと濃度が高くなるほどハイドロキノンの刺激は強くなります。少し使用して断念してしまうという例が非常に多いんです。

 

「濃度が高いから美白できる」の思いこみをまずは捨て去って、低い濃度だけど高い効果を感じてみてください。

 

ビーグレンのホワイトクリームは、上でも説明した通り肌内部への浸透率が高いので、低濃度でも美白効果を実感しやすいんです。「刺激も少ないけど、効果も出る。」そんないいとこ取りのハイドロキノンということなんですね。

 

スキンケアクリームとして使えるハイドロキノン

 

「ハイドロキノンの薬、軟膏を使ったことがあるけどベタつきとか、使用感が最悪だった・・・」

 

効果のあるハイドロキノンは、医薬品で軟膏タイプであることが多いんですが、ビーグレンのハイドロキノンクリームはスキンケア用として顔全体に使うことができます。薬の軟膏は、特定の部位にのみ塗り込むタイプであることが多いので、普段使っている化粧水との相性が悪かったり、ベタつきがあったりして使い心地が悪いことが多いです。

 

しかし、ビーグレンのハイドロキノンクリームは、使用感もばっちり。ベタつきも少なく、塗ったのが分からなくなるような自然な使い心地が評判です。いつものスキンケアアイテムに、無理なく取り入れることができますよ。

 

 

ビーグレンのお試しセットはこちら⇒

 

 

[顔全体用のハイドロキノン]顔全体に塗る効果

 

顔全体に塗るハイドロキノンの効果1.細かい&広がったシミを薄くする

 

「小さなシミが顔全体に散らばってて、肌をキレイに見せるのが難しい・・・」
「色も濃くなってきて、下地やファンデで隠すのが難しくなってきたんだけど。」

 

毎日鏡を見ながら、シミを隠すのも一苦労ですよね。さらに、年を取るにつれそれらのシミが大きく、濃くなってくるのを想像するとゾッとしてしまう・・・・。こんな不安な気持ちも抱えてしまうと思います。

 

しかし、ハイドロキノンは「今ある濃いメラニンの集合体であるシミ」にも、還元する効果が高いので、シミを少しずつなくす・薄くすることができます。多くの美白化粧品は、これ以上シミを目立たないようにするような効果はありますが、すでにあるシミにはなくす効果がほとんどないのが現実です。

 

顔全体に塗れるタイプのハイドロキノンを用いれば、シミが気にならないキレイな肌になります。濃い一部分のシミについては、どうしても時間がかかってしまいますが、同じくケアしていくのがオススメです。

 

関連記事 [ハイドロキノンのシミ・ニキビ跡への効果] 顔全体の小さなシミをなくす

 

 

顔全体に塗るハイドロキノンの効果2.シミ予備軍を表に出させない

 

「シミがひとつ出てくると、まだ出てこないシミがたくさんあるって本当・・・」

 

シミ予備軍がどのくらいあるのか?をチェックするテレビの特集などを見たことがあるかもしれませんね。確かにシミが一つ出てくるということは、まだ正常な肌の内側にもしっかりシミ予備軍が備わっています。

 

一つのシミに愕然とするのではなく、さらに増えない、表に出てこないようなスキンケアを施すことで、シミ予備軍を抑え込むことができます。そんな対策にも、ハイドロキノンの顔全体スキンケアは有効です。すでに集まってしまった小さなメラニンの集合体をブロックしてしまう働きがあるからですね。

 

 

関連記事 [シミ予備軍のハイドロキノンの効果]顔全体に 塗ってシミを予防する!

 

顔全体に塗るハイドロキノンの効果3. 顔全体を白くする・透明感が出る

 

「肌が日焼けして、地黒肌を白くしたい・・・」

 

こんな色白になりたい女性の気持ちにも、なるべく早く答えてくれるのがハイドロキノンです。顔全体用にも使えるハイドロキノンでスキンケアを続ければ、肌全体に透明感が出てきます。肌が黒く見えてしまう根本は、やっぱりメラニン色素にあるので、その働きを抑えることで白色美人になることができます。

 

実際に色白になることで、「肌のトーンが明るくなって無理やりファンデーションなどで白くしなくてもよくなった!」という喜びの声は多いですね。

 

 

おすすめのハイドロキノンクリームはこちら⇒

 

[顔全体用のハイドロキノンの使い方]副作用なしの使用方法

 

 

[ハイドロキノンを単体使用]美白成分の追加について

 

まず注意点として、ハイドロキノンを単体で使うということです。あまりに濃度が高くて皮膚への刺激性が高いハイドロキノンを使わないというのが前提条件ですが、あれこれ美白成分を追加しても効果はさほど変わりません。

 

そればかりか、副作用が強く出てしまうリスクが上がってしまいます。こちらでオススメしているハイドロキノンであれば、単体使用でも高い効果が見込めます。美白成分を加えたい場合は、濃いシミの部分だけ重点的に美白したいという場合のみに留めておくのがオススメです。

 

ハイドロキノンを塗ったら太陽の紫外線を浴びない

 

ハイドロキノンを塗った後の大事なポイントとして、太陽の紫外線を浴びないということです。ハイドロキノンはとてもデリケートな成分なので、太陽の紫外線にさらされると変質して、皮膚を刺激する成分に変わってしまいます。

 

どのハイドロキノン化粧品やお薬を見てもそうなのですが、紫外線を浴びないことなどが条件に書かれているはずです。中には、紫外線吸収剤が配合されているハイドロキノンもあるのですが、完全に紫外線の影響を遮断できているか?と考えると微妙なところです。

 

ハイドロキノンは夜だけのケアに留めておき、日中外に出る前にはしっかりオフしておきましょう。

 

日焼け止めクリームに期待しない

 

「紫外線が心配なら、ハイドロキノンの上から日焼け止めクリームを塗れば大丈夫じゃない?」

 

紫外線をカットする日焼け止めクリームを塗れば、日中外出する前にハイドロキノンを塗っても大丈夫という人もいると思いますが、これは止めた方がいいです。日焼け止めクリームといっても完ぺきではありません。季節や天気によりますが、特に日差しの強い春から秋にかけては厳禁です。

 

日焼け止めクリームを塗ればOKと書いてあるハイドロキノン商品もあるんですが、それでもなるべく紫外線に当たらないようにするようにしましょう。

 

日中外出する前に水洗顔

 

夜にハイドロキノンを塗って、翌日外に出る場合などにも注意が必要です。最低でも水洗顔をして、肌に残ったクリームなどをオフにしておきましょう。顔を洗わずになかなかすぐに外出する機会というのはないとは思いますが・・・。

 

ハイドロキノンを塗る量

 

ハイドロキノンを塗る量ですが、これはどのハイドロキノンを選ぶかによって変わってしまいます。こちらでオススメしているビーグレンのホワイトクリームは、パール粒大の量を目安にするくらいで大丈夫です。局所的にならないようクリームが目で見て残らない程度に広げても、美白効果を感じることはできます。

 

 

関連記事 [顔全体のハイドロキノンの塗り方] 正しい使い方で美白効果を高く

 

 

[顔全体用のハイドロキノンの副作用]

 

顔全体にハイドロキノンを塗ることで副作用をが気になる人も多いです。しかし、低い濃度のハイドロキノンであれば、顔全体に塗っても副作用はほとんど心配ありません。

 

一般的に、高い濃度のハイドロキノンを塗ると、これから紹介するような副作用を経験している人がいます。

 

ハイドロキノンで赤みが続く

 

ハイドロキノンの好転反応で、一時的に肌に赤みが生じたりなどの例があります。特に、シミなどの濃い部分に、高い濃度のハイドロキノンを塗るとこういう副作用が出ることはあります。

 

しかし、低濃度のハイドロキノンを顔全体に使用しているのに、この状態が長く続いてしまう場合は肌に合っていない可能性が高いので使うのを中止してください。

 

ハイドロキノンで肌荒れが発生する?

 

ハイドロキノンで皮剥けしたり、ピリピリとした刺激を感じるなどの副作用が出ることがあります。これも好転反応のひとつなんですが、症状が続く場合には使うのを止めた方がいいでしょう。

 

または、濃度が低いハイドロキノンに変えるか、ハイドロキノンを使う頻度を1日に1回から、2日に1回にするなどの調整をするのもいいでしょう。

 

[トレチノインの顔全体への併用]副作用のリスクが増す

 

ハイドロキノンと同時にトレチノインを使うことで効果を高めようとする人もいます。しかし、顔全体にトレチノインを塗るのはおすすめできません。トレチノインはビタミンA誘導体の一種で、肌のターンオーバーを促進する成分です。同時にとても副作用の大きい成分でもあります。

 

濃いシミの部分に局所的に、ハイドロキノンを併用するのは問題ありませんが、顔全体に塗ってしまうと、皮膚の弱い部分に強い痛みや極度の肌荒れが起こってしまうリスクが高いです。

 

レチノールなどの刺激の弱い成分も顔全体用はNG

 

トレチノインより弱い作用で、よく似た成分のレチノールがありますが、こちらも顔全体用として使うのは避けた方がいいです。トレチノインと同じく、シミなどの濃いところに塗るのは問題ありませんが、経過を見ながら試してみるようにしてください。

 

強いハイドロキノンは白斑の副作用がある

 

ハイドロキノンはほどよい濃度のものを使っていれば、白斑の心配はないんですが、高い濃度になると、白斑のリスクが高まります。白斑とは、局所的に肌が白抜けしたような状態で、周りの皮膚との差が激しくかなり目立ってしまうのが特徴です。

 

日本でも、ハイドロキノンが5%を超えて、10%などの高濃度のものを手に入れることはできます。これらは、アメリカだと医薬品に分類される濃度のもので、医師の診察なしには塗ることができません。効果をすぐに感じたいからといって安易に手を出すのは止めておきましょう。

 

ハイドロキノンの白斑の画像で出てくる症状は?

 

ハイドロキノンの副作用について調べていると、白斑の画像などが出てくることがあります。それらは、メラニン細胞が消失してしまった状態の皮膚のものです。

 

ハイドロキノン以外にも、メラニンを強力に破壊してしまうような漂白成分もありますので、それらの副作用による画像も混じっています。また、美白剤を使っていなくても、白斑になってしまう病気などもあるので、それらの画像と混同しないよう注意が必要です。

 

関連記事 ハイドロキノン・顔全体用の副作用と注意点

 

 

おすすめのハイドロキノンクリームはこちら⇒